ルックルックベリーは1日分の目安である2粒にブルーベリー376個分のアントシアニンが配合された眼精疲労対策サプリです。

ブルーベリーの王様といわれる「ビルベリー」とミラクルフルーツといわれる「アサイー」を配合しています。

ルックルックベリーは通常価格は2,028円で送料がかかるのですが定期コースで購入することで、送料は無料になり、初回は1,000円で2ヵ月分を購入することができます。

2回目以降も2ヵ月に2袋届けてもらうコースで3,283円(2袋)で購入できます。

85%の人は定期コースを選ぶ

ルックルックベリーはビルベリー濃縮末を100㎎、アサイー濃縮末を100㎎配合しているほか、ルテイン、カシス、DHA、EPA、メグスリノキ、ビタミンE、ビタミンAも配合して、総合的に目の健康をサポートします。

毎日仕事でパソコンを使う人が増え、スマホも1日何時間もみる人もいます。眼精疲労に悩む人が増えるのも当然の環境です。

目が疲れたら、遠くをみたり、目薬をさしたり、マッサージをしたり・・・

いろんな対処をすると思いますが、そもそも栄養が足りていなければ、その場限りの対処で終わってしまいます。

目にとっての栄養とは、アントシアニンやルテイン、ビタミンなどです。

ルックルックベリーは目にとっての栄養をバランスよく配合しています。

アントシアニン

視覚情報を伝えるたんぱく質「ロドプシン」の再合成をサポートし、夜間の視力アップや眼精疲労の回復に有効な成分です。

アサイーのポリフェノール

アサイベリー(アサイー)には抗酸化作用が高い「シアニジン」が多く含まれています。

「シアニジン」は疲れ目の改善、視力の向上、近視の予防など、パソコンやテレビ、ストレスなどで酷使した目には最適な成分です。活性酸素を除去する抗酸化作用も高いです。

DHA

網膜細胞を正常に保ち、視機能の改善を助けるといわれるのがDHA。近視の改善が見られたという調査結果もあります。

EPA

EPAは血液サラサラ成分として有名ですね。血管や内臓、脳神経での効果が期待される成分ですが、近年では、EPAはドライアイに有効なのではないかと言われています。

カシス

カシスもブルーベリーも同じベリー類で、両方とも「目(眼)に効果がある」ということで知られています。

ブルーベリーの生産地は殆どがアメリカなのに対して、カシスの生産地は殆どがヨーロッパです。

カシスもブルーベリーもアントシアニンを含む果実としてよく知られていますが、含まれている成分内容は若干違います。

全般的にはビタミン、ミネラルが圧倒的にカシスの方が多く含まれています。

ブルーベリーには5種類のアントシアニジンが含まれており、糖が結合したアントシアニンの状態では15種類の成分が含まれています。

一方のカシスはほぼ2種類のアントシアニジンしかありません。

ブルーベリーは「種類は多いがそれぞれのアントシアニンは少量」、そしてカシスは「種類は少ないがそれぞれのアントシアニンの量は多い」という違いがあります。

カシスは「毛様体筋」に効果があり、ブルーベリーは「網膜」に効果があると言われています。

メグスリノキ

メグスリノキエキスは、メグスリノキの樹皮や葉より抽出されたエキスのことで、眼病に対する効果や、肝機能を強化する効果があるとして、昔から民間薬として重宝されてきました。

日本国内にのみ自生していて、「飲む目薬」といわれるほど、目の健康に有効と考えられています。

ビタミンE

血行促進作用による疲れ目やドライアイの防止に有効なのがビタミンE。老眼予防にも期待できる成分です。

ルテイン

水晶体や網膜の酸化・紫外線によるダメージを防止したり、目の老化が原因の白内障の予防、飛蚊症、黄班変性症の予防に有効なのがルテインです。ブルーライトの光を吸収する作用もあります。

ビタミンA

涙ができるときに、重要な働きをする粘膜の形成・修復を助けるのがビタミンAです。ムチン層(涙の一部)の生成に働きかける成分です。

ルックルックベリーを愛用する人はどんな感想を持っているのでしょうか?

ルックルックベリーの口コミやもっと詳しい情報をこちらの公式サイトで確認してください。